logo2

BLOGブログ


2019年01月18日

ネイルサロンの新規集客アプリの使い方について調べてみました。

nail

ネイルサロンでの今までの集客方法

ネイルサロンでの今までの集客方法ですとHP、ポータルサイト、紙広告(チラシ、フリーペーパー)が主流でした。
しかし、ネイルサロンのオーナー様から以下のようなお話を伺うことが増えております。
・HPやポータルサイトから集客が減ってきた。
・チラシを配ってもなかなか来店まで結びつかない。
・リピーターが増えない。
・競合店が増えてきた。
・集客方法がわからない。
・広告費がかかりすぎている。
など、オーナー様によって様々です。
念願のサロンを開業したはいいものの、集客や経営がうまくいってるサロンはごくごく僅かです。
チラシやフリーペーパーに関してはインターネットの普及とともになかなか見てもらえる機会が少なくなっており、
HPやポータルサイトも以前は掲載されている店舗が少なかったので上位表示をするのに、広告費も少額で可能でした。
しかしながら、近年、ポータルサイトは掲載サロンが多く、上位に掲載するのに、広告費用が高く、なかなか掲載できない現状であり、
HPに関しても、どのサロンもHPを持つのが当たり前になり、上位表示が難しく、またスマフォでの閲覧者の増加によって、パソコン用とスマフォ用の製作をおこなうことによって、広告費用もより多くかかってしまいます。
その中で、スマフォの普及と同時にアプリが普及し、現在お店オリジナルアプリを持つサロンが多くなってきました。
そこでアプリを使っての新規集客に関して調べてみました。

新規集客方法について

SNS

オリジナルアプリの多くがSNS(Instagram、LINE、Twitter、Facebook)と連動し、来店されたお客様の知り合いや友達に拡散してもらう集客方法です。
アプリを使わずに従来どおり投稿をおこなうことによって、素敵なネイルの写真等は広がっていきますが、お店の情報などは広がらないため、集客に結びつきません。また、お客様もお客様本人にメリットがないとなかなか投稿をおこなってくれません。
しかし、各種アプリを使用して投稿することによって可愛いネイルの写真とともにサロン名や住所、メニューなどが拡散していき、なおかつ、広告としてサロンを知ってもらうのではなく、口コミや紹介として知ってもらえるので、クーポンや割引などを使わず、新規集客に結びつけることができます。
また、投稿してもらいやすくするために、そういった機能をつけているアプリも多くあります。

Instagram

近年Instagramが主流のSNSになってきており、画像や写真を貼り、検索されそうなハッシュタグ(#ネイル、#ネイルサロン)をつけて投稿する事によって、デザインや技術を視覚的に知って頂き、サロンの認知度をあげて、新規集客に結びつけます。デザインや技術でサロンを知ってもらえるので、他のお店と差別化されることがないので、クーポンや割引を使わず、新規集客に結びつけることができます。
しかし、継続させていくことが難しかったり、検索されそうなハッシュタグをつけるので、他のサロンに埋もれてしまったりすることもあります。
それを改善するために、設定したハッシュタグをつけて投稿してくれたユーザーに対して自動で「いいね」や「コメント」、「フォロー」を行い、
通知を出すことによってサロンを知ってもらう集客方法もあります。

まとめ

上記で紹介させて頂いた集客方法以外にもあります。そのほとんどがSNSとアプリを連動させ、集客につなげる方法です。
ネイルサロンに限ってはデザインが大事ですので、Instagramを用いて、デザインや技術を知ってもらえるのは大きなプラスになるはずです。
弊社オリジナル集客アプリ「 Dream cube」はInstagramはもちろんのことLINE、Twitter、Facebookと連動し、口コミや紹介で新規集客に結びつけたり、Instagramを用いて、まずはサロンの認知度を上げ、デザインや技術で新規集客に結びつけることが可能です。
SNSやInstagramで集客を考えている、サロンオリジナルアプリに興味がある方はぜひ一度ご相談下さい。

関連記事