logo2

BLOGブログ


2018年07月31日

フリーペーパー、チラシ、ポスティング広告の反響について調べてみました。

pixta_4709257_S

フリーペーパーや紙広告の反響について

インターネットでの検索やスマートフォンの普及により、フリーペーパーやチラシ、ポスティングの集客力や反響、費用対効果がどう変わったのか調べてみました。

結論からお伝え致しますと、中高年層(50代や60代以上)の方々には新規集客が期待できるといわれております。
理由としてはいくつかあり、
・パソコンやスマートフォンをもっていない。
・インターネットが活用できないため、チラシでお店を取得するしか無い。
・新聞を取っているため、折込チラシとして確認する。
上記が主な理由として、実際にお客様の目に入ることによって興味を引き、新規集客に期待できると言われております。
また、中高年層のターゲットとしてスクールやお稽古ごと、スポーツクラブなどにはより期待ができるとのことです。
他にも配布エリアを限定でき、ターゲットを絞れることから、地域密着型で短期間で周知されるというメリットがあるので、
新規開業の場合は有効と言えます。

実際の反響

しかしながら、若年層や中間層の新規集客はどうなのか調べてみますと、
現在の若年層、中間層に関しては
・新聞を取らない、見ない、スマフォやタブレットで確認する。
・ポストにチラシが入っていても、見ずに捨ててしまう。
・知りたい情報はスマートフォンを使って、SNSを用いて確認する
と言われております。

結果として費用をかけて、チラシの制作をおこなったり、フリーペーパーに載せたとしても、
見てもらえなければ集客には結びつかず、また、最近のマンション等ではポスト投函がNGと言われているところもあります。
上記の事もあり、若年層や中間層には難しいと言われております。

フリーペーパーの問題点

他にも広告の掲載枠の問題もあります。
A4サイズのフリーペーパーですと、1/4や1/8の掲載枠で他の店舗と同時に掲載になりますので、その時点比較検討されてしまい、
また、文字数も300文字から400文字程度となるため、お店の特徴やこだわりを伝えにくい、伝わりづらいというデメリットもございます。
そして広告費に関しても
A4 1/8 ¥20,000~¥45,000程度
A4 1/4 ¥50,000~¥100,000程度
A4 1ページ ¥300,000~
(※当社調べ)
と各会社様によって変動はありますが、1回の掲載で上記の広告費が発生するそうです。

チラシやポスティングの問題点

またチラシやポスティングに関しても、フリーペーパーよりは1枚に対して、自店のみを載せることができ、
また、情報量もフリーペーパーよりも多くの情報を載せることができますが、
現状のチラシの集客率はおおよそ、1000枚配って1人ないし、2人と言われております。
パーセントにすると0.001になります。また、業種によって異なりますが、
5000枚で1人や10000枚で1人とも言われております。
広告費も制作だけではなく、ポスティングもおこなうことを考えると

10000枚のポスティング 約¥50,000と言われております。

ポスティングを自分でおこなうこともできますが、時間と労力がその分かかります。

まとめ

お店の方向性や考え方、ターゲットに応じて、フリーペーパー、チラシ、ポスティングは効果的といえます。
しかし、ターゲットが中高年層ではない場合などはなかなか反響がでにくい世間になっております。
地域密着型で、若年層や中間層を狙いたい、狙っているがなかなか集客に結びつかないとお困りの方は
弊社オリジナル集客アプリ「Dream Cube」を検討してみて下さい。
SNSを用いて、地域密着型の口コミの集約がおこなえたり、チラシで来店してくれたお客様への顧客管理がおこなえたりと地域密着型の集客アプリになります。
是非一度ご相談ください。

関連記事